So-net無料ブログ作成
Episode Ⅰ ブログトップ
前の10件 | -

ふたりはプリオガ! [Episode Ⅰ]

御ひいきにしてくださる方の島に遊びに行ったら「キリ番」踏んだずら!

                   そこで!

 

 

 

            ウ、WINKみたいずら・・・・


オーガニ、正式に登場! [Episode Ⅰ]

えー、今回はね、あっし、オーガニが一コマ目ですよ。

名前はサイドバーで先行発表されましたね。どうぞよろしく!

 毎回モンスターの居るパークで刺激を受けまくってばかりじゃいけねぇってんで、

今日は「知的好奇心も刺激してやろう!」ってな感じなんすよ。

行って来やしたよ、問答しにね!

問題を出してもらってね、答えられなかったら罰ゲームやるってんでさ!

そりゃ、ハラハラ、ドキドキってもんで、モンスターより刺激的!

はい、ではその様子をどうぞ!ってなもんだい!

 

                「どうだい?正解だろ!?」

 

 

 

             「な、なんずら?!いきなり!」

 

デシマルさん、ありがとー!


禁断のサブリヴ [Episode Ⅰ]

 「ファーマー、このサブって何ずら?よく見かけるずら。サブリヴとかいうやつ。

  寒ぶイボ?若しくはLIVLYでのスーパーサ○ヤ人みたいな存在かな?」

 「うーん、何だろうねぇ。ちょいと調べてみようか?ググッと。」

 

 

 

 「えぇーと、サブ、さぶ っと・・・」 

 「・・・?!」

  「どう?どう?分かった?」

 「うーん、これのことかなぁ?」

  「どれずら?」

  「!」

 

 

 

          

               いやー!!!!

 「オイラ、こんなリヴ、絶対いらんずら!そりゃソネトも禁止してるはずずら!」

 「どうしてこんなリヴを飼ってるずらかー!!」

 

 

いったいニックとFarmerは何を見たのか!

ここにその禁断の書を見せたいのですが、

気の小さい人18歳未満の人は見てはダメです!これは警告です!

では、それをクリアした人どうぞ・・・

                 

 

                    ここにあるよ

 

 

 

 

 


そうだったのか・・・ [Episode Ⅰ]

「最近のコメントが何かおかしいずら・・・

 『前世はモン退治の侍だったの?』

 『長生きしてね』

 『暗黒面に堕ちたの?』

 『夢遊病?』

 『寝るときはもっと安全なところで・・・』って、オイラにはちんぷんかんぷん!」

                         

 

 

 

「ああ、おかしくないよ、コメントではなく、あんたがおかしいんだよ、ニック。」

「?!」

「最近、あなた、オーガになっていろんな事してるよー。」

      「な、なんですと?!」       

 

 

 

「あれだよ、あれ!えーと、ダニエルキースのさ、ほれ、ほれ!

『24・・・』

「トゥエンティーフォウ?」

                     

「いや、違う!」

                     

「いやいや、『24人の・・・』

                     

 

 

 

「そうそう!『24人のビリーミリガン』と同じ症状だよ!多重人格の人の話ね」

「?!」

「参ったねー。今のところあなたの人格は2人だけどね・・・

         あなたの知らないもう一人の行動へのコメントだったのよ。」


ニック、訳がわからず・・・ [Episode Ⅰ]

 

 

 

 

 

人(リヴリー)探しのお手伝いしてます!よろしければこちらまで!

 

 

 


やりたい放題! [Episode Ⅰ]

    「おいおい、略すんじゃねーよ、わかんねーよ、すもよろ?」

   「おうおう、小さくなれと!おう!そう言やいいんだよ、始めから!」

 

   「おー、これは親切じゃねーか、あいよ!そうさせてもらうよ!」

 

       「って、なに皆で痺れてんだよー!俺もシビレてーよ!」

 

                   「また来るぜい!」


新たな予感・・・ [Episode Ⅰ]

       「こんな物、邪魔だー!いらーん!」

 

 

 

                ?!


怪我してしまった。 [Episode Ⅰ]

先日、WGPクラシックに行ったんずらよ。

最近みなさんのブログで話題になってたから。

そしたら!

おるではないずらか!

黒いタガメの人が!

何故かすぐに、「かぷっ」とやられてこの怪我ずら。なんもしとらんずらよ?!

オイラはまだ良かったずら。

大変だったのはこの人ずら・・・

 

 

 

            「・・って、おーい!大丈夫ずらかー!!!」

    この人、おいらが来る前に居たみたいなんだけど、LV72だったかなぁ。

    かぷかぷかぷかぷ、無抵抗なまま噛まれ続けてたら、この結果ずら!

           オイラ、見てるだけで何も出来んかったずら・・・

 

 

              この人、最近G.L.L入ったんずらかね?

    このタガメの人が「サディスちっく」なこと知らんかったずらね、きっと・・・ 

 

 

 

          とりあえず、オイラはこの怪我だけで済んだずら。

  いやー、もっと「危険」なとこだとわかるようにしてないと危ないずらねー。


やりきれない現実 [Episode Ⅰ]

 「ここが『リヴリー引渡し所』ずらね、言わば保健所みたいなところずら」

 

 

ここで問題

  2004年、日本全国で保健所などに持ち込まれ殺処されている

  犬猫は何頭いたでしょう?

 

            1.  4千頭

            2.  4万頭

            3.  40万頭

 

 

答え

            

 

 

            3.  40万頭

 

 

 

 

 

            あなたの街の人口は何人?

 

伏せ字を覚えたので下の2行は興味のある人だけ。

殺処の手段は、専用の箱に入れた犬猫に二酸化炭素のガスを注入し安楽死させるそうです。

処分される内訳は 犬・・・15万頭  猫・・・25万頭 

今回4コマでこの記事を載せたのは

少し前に子猫殺しの話題が世間を賑わせた事と

現在、我が家の一員である、ワンコの身体の調子が悪いことです。

 

もう13歳8ヶ月、人間の年齢にすると80歳を越えているそうです。

老衰なのでしょうが、ご飯も食べられず、少し食べても吐いてしまいます。

私達は病院へ何度も連れて行き、診察してもらい、バリウムを飲ませてレントゲンを撮ったり、点滴を打ったり、いろいろ手を尽くしてきました。

それでも調子は良くありません。

天命だと思っております。

延命処置はしないつもりです。最後まで静かに見守りたいと思っております。

 

こんな時に殺処分の話を雑誌で見たものですから、こんな笑えない4コマになってしまいました。

持ち込む理由は様々でありましょうが悲しい事実だなと思ったわけです。

 

 

次回は笑える4コマ載せるずら!

 

注  もちろん、LIVLYと現実世界を混同してないですよ。


これこそ、まさに宝物?! [Episode Ⅰ]

今日は朝起きて、トイレを済ませてから

リヴリータイムズの最新号を読みに出掛けました。

 

そして一通り読んだ後、自分の島に戻ってみると

コインに隠れて チラッ と何かピンク色の物が見えるではありませんか。

何ずら?と思いクリックしてみると、なんと!1000dd!

自分でしたものは片付けたはずだし、こんな大きいの今までしたことないし!

「誰の仕業ずら!」

びっくりしてオイラは思わずこんな看板を作ったずら。

 

 

 

 

いやいや、冗談ずら。

でも1000ddも  う○こ  しないずらよね?

もし誰かがオイラのいないうちに落としていってくれたのなら

この場をお借りしてお礼させてください。

「有難うございました!」

よろしければ連絡ください。会ってお礼がしたいと思っております。

 

それから

サイドバーに「方言変換」を設置しました。

クリックしてもう一度読んでみてください。

少し画面が変ですけど・・・。別窓で開きます。

皆さんのコメントも変換されますので面白いですよ。テキトーにコメントしてから

読んでみてください。

 

 

 

 


前の10件 | - Episode Ⅰ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。